公園南バッティングセンター
ツイッター
フェイスブック
訪問者数:331209

逸球入魂コラム

決意表明

気温37度でスポーツするって正気の沙汰じゃないと思うけど、今の職場も常軌を逸するほどの忙しさ。いろいろ思うことはあるけど、誰も悪くないし、ここはカブトムシの幼虫を飲み込むイモトアヤコようにゴックンせねばならない。いつか会社でっかくして、みんなで熱海に社員旅行に行くぞ!って妄想している今日この頃、プチ昇格しました。ひとまず職場でも人をまとめる立場になりましたが、幸いにも私の周りにはお手本になる大人がたくさんいましてね。私を育ててくれた課長、うちの連盟の役員さんたち、他のチームの監督さんたち、本当にいいお手本があるので見習えばいいと甘く考えています(笑)で、その人たちに関わって思ったことが1つあるんですが、「その子の才能を伸ばすのは、関わる大人の『信じるチカラ』次第」ということです。彼らには共通した姿勢があるんですが、どうせこいつはこんな奴だとか、これくらいしかできないとか、決して決めつけない。どんな子でも、どんなフテこい態度でも、どんなに裏切られても、理解しよう、最後は信じようという強い信念がある。そういう大人の信じてあきらめないチカラが人を育てていくのだと思います。前にも書いたと思いますが、「信じる」とは、相手そのものを信じるのではなく「相手のことが好きだという自分の気持ちを信じる」ことだそうです。ひどいことを言われても、されても、疑心暗鬼になっても、信じるのは決して揺るがない「好きだという自分の気持ち」そのもの。そうすると、自然とその子のいいところがいっぱい自分に集まってきて、その子の本当の姿が見えてくるのだと思います。人を育てるということは、本当はそんな単純なことからでいいのかもしれませんね。もちろん、みんな神様じゃないんで完璧でもないし、失敗もするし、感情的にもなりますが、それでも最後の最後で自分が信じる強さを持てたらいいなと思います。ということで、プチ昇格にあたり決意表明でございます。まずは人を好きにならないと何も始まらんもんですな。

■その他の新着記事

アメブロ活動報告ロッカールーム 管理人日記 ギャラリー