閑話究題

ミトコンドリが揺れながら

ここのところ、絶え間なく仕事の波状攻撃を受けていまして、ココロもカラダもへばってきました。なかなかいい歳なんで、あちこち経年劣化がすすんでるんですよ。もうけっこう本気で忙しいのはカンベンしてほしい。しかしながら関西大会も始まってるので、とりあえず人生の隙間を見つけてエムズ鍼灸整骨院にいって体をメンテナンスしてきました。そこは、うちのチームのタワ氏が雇われ院長をつとめる鍼灸院。先日、アッフェ・ブタの会でタワ氏と飲んだときに、「ミトコンドリアをふるわせてカラダの疲労を取る」というウサン臭いマシーンを紹介してもらったんです。それならということで、キャップと一緒に受けに行ったんですが……、結論から申し上げると、けっこうイイのかもしれない。人間の細胞にはミトコンドリアさんというものがいて、そいつをふるわせて活性化させることで体の疲労が取れたり、お通じが良くなったりするんだとか。阪神の藤波も使ってるらしいのですが、ワタクシもさっそくテキメン効果がありました!他にもタワ氏にあちこち修理してもらったので、その週はカラダがすごく楽でした。これまでケガや故障は「鍛えて治す派」だったんですが、たまにはこういうリラクゼーション系の治療もいいですね。これを機にタワ氏の鍼灸院に通おうかと思ったんですが、これまた忙しくてまったく行く暇がない。本当に、誰か私の人生を何とかしてください(笑)ともかく、タワ先生がまともに施術をしているので、みなさんもよかったらドリアをふるわせに行ってみてくださいね。エムズ鍼灸整骨院は日本中にあると思いますが、その中のどこかにはタワ氏がいるはずです!

覚 悟

4月に入ればやっと繁忙期も終わって、いつもなら忙しさから解放される時期。会社軟禁生活から仮釈放されてウホウホしていましたが、この度、またも仕事が忙しくなって、来週から再び会社に収監される運びとなりました。まことに残念でございます。年始からトラブル続きだったので、仕事が増えたのはとてもありがたいことなのですが、人手が足りなくて専門外の仕事や、あまり得意でない仕事もどんどん回ってくるんですよね。初めての作業でわからないことが多かったり、苦手意識があるもんだから、どうしても尻込みしちゃいます。「え?こんなことも自分がやる仕事?」と思わずグチも出ますが、ま、でも、どんなことでもワタクシがやる仕事でございましょう。同じ会社に長く勤めていると、ずっと慣れた仕事ばかりしてしまって、それはそれで楽だったりするんですよ。でもそうやってボーッと過ごしているうちに、新しいことに取り組む意欲や、どんなことでも向き合おうという覚悟が希薄になっちゃうんですよね。少しばかり反省しました。そもそも、そういう風潮があったからこそ今のピンチを招いてしまったわけで、いい加減、自分も変わらなきゃと思います。逆に「これも自分がやる仕事」と腹をくくったら、ストレスもかからないのかもしれませんね。いろんなことでそうですけど、すぐに結果が出ることも少ないので、とにかく「今は今を一生懸命!」過ごすのみでしょう。靴も新しく変えたし、あとは運気が上がることを信じて待ちますか。

四月の風

2017年もあっという間に4月に入り、街中がフレッシュな話題であふれかえっていますが、毎年この月はエレカシの『四月の風』という曲をよく聴いてます。何かが起こりそうな気がする、きっと何か始まってる…そういうワクワクするような歌詞なんですが、いろいろ新しいことが始まる4月にぴったりの曲ですね。よかったら一度聞いてみてください。さて、わが社では年始からいろんな事件が起きて、よくもまあここまで悪いことが続くもんだな、というくらいの逆風が吹き荒れてます。不運続きでさすがに心もポッキリ折れてたんですが、少し元気が出ることがありました。2月に社運をかけて取り組んだプロジェクトがあるんですが、先月お客さんから却下されちゃったんです。個人的にはかなりでかいダメージをくらったんですが、それよりも会社があっさり引き下がったことが納得できなくてモヤモヤしてたんですよ。ところが先日、「社長は全然あきらめてないし、次の行動に出てるよ」と課長が教えてくれたんです。社員がやったこともムダにはしないし、どんなに状況が不利でもあきらめず挑戦しつづけるという社長の決意が見えて、ちょっと嬉しかったです。苦しい時に、上に立つ人があきらめないという姿勢は、本当に大切なことですね。社長があきらめないなら、私もあきらめないです。きっとそんな気持ちが何かいい方向に変えていきそうな気がするんですよ。うちの会社にも、ようやく「四月の風」が吹きはじめましたかね。さて、今日から関西大会が始まりますが、みなさん、どんな状況でも最後の最後まであきらめないでボールを追いかけてください。決して揺るがない強い気持ちで自分たちの野球を表現しつづければ、それだけでもう何か変わり始めているような気がします。みなさんにとっても、四月の風が吹く大会になりますように。

課 題

ここ1ヶ月半ほどは繁忙期で、ほとんどの時間を会社で監禁されて過ごしてましたが、どうやら来週、仮釈放されるという噂が流れています。勤続17年の中でも3本の指に入るほどシンドイ時間だったので、本当に嬉しい。もし有給が取れたら1日寝込みたいです。さて先日、同じ大阪の女子野球チーム・ターセルズさんにお願いして練習試合をしてもらいました。ところが、ここで大きな課題にぶつかったんです。それは試合中のこと。私は主審をしていたんですが、女子チーム同士の対決は珍しいらしく、通行人の皆さんが足を止めて試合を見ていくんです。そしてターセルズさんの若手キョウ様が打席に立ったとき、バックネット裏からなんと若い外国人のイケメン・ナイスガイたちが「キュート!」と話しかけてきたんです!やはり男子たちは女子力の高いターセルズさんの方に目が奪われるようですね。一方、うちのチームはチャリンコに乗ったアヤしげなおっちゃんに声をかけられた上に、「水色(のユニフォーム)の方は男子チームか?」と聞かれたらしいです!いやいや、おっちゃん、むしろ水色も全員女子やし!!誰や、誰が悪いんや、メンディーか?確かにヤンチャなのはいますが、それでも前に比べたらけっこうマシになったと思ってたのに、なかなか笑撃的な事件です。でも考えてみると「キャーーー♡」っていうようなテンションの上がり方は、ここ1年くらい見てないような気がするな。春の関西大会を前にして、重要な課題に気づくことができてよかったです!上げよう、女子力!上げよう、テンション!このスローガンを胸に、練習に励みましょう!

SAY YES!

先月半ばから約3週間、社運をかけて、ってくらいの気持ちであるプロジェクト(通称・木製ガンダムプロジェクト)に打ち込んできましたが、週初めの月曜日にお客さんからノー!というお返事をいただきました。いや〜…、ほんとあそこまですべてを尽くしてがんばったけどダメだったか、という落胆が激しくて、ひっさびさに日本海溝より深く落ち込みました。世界中の夢みる少年少女たちに、がんばっても時々ダメなことあるから、って伝えなきゃいけない。まあでも、自分たちの実力が足りんかったんでしょうね。それでも社長と組んで制作してるとき、自分たちはなんでも生み出せるんじゃないかという強い手応えを感じて、めっちゃ楽しかったです。また新しいプロジェクトが始まるので、今度こそお客さんにイエス!といってもらえるようがんばろう!…って思ってたらですよ。木製ガンダムプロジェクトのあおりをくってハンパなく忙しくなってきましてね。今月は担当する仕事でババを引きまくったらしく、深夜残業だの休日出勤だの、鼻の穴からUSJ出せってくらいムチャなスケジュールになってます。一番ひどかったのが、朝の4時までのノンストップ稼働ですね。眠たくて眠たくて作業が進まなかったんですが、でもこの時すごい技を生み出しました。メンソレータムのリップクリームをまぶたの周りにグリグリ塗るとほどよく覚醒します!みなさんもよかったらお試しください(※個人の感想です)。そんなワケで最近よかったことはその技を生み出したことくらいで、まったくついてません。ほんまもう出家しようかな。神様、ちょっとでいいから楽しい時間を分け与えて下さい!

3時間

3月もすでに上旬を過ぎ、何も成し得ないままただ時間だけが過ぎていきますね。2017年はあんなこともしよう、こんなこともしよう、と夢いっぱいふくらんでいたんですが、忙しすぎてほとんど何も進めることができていません。ここ1ヶ月ほどは、食事と睡眠以外の時間はほとんど仕事してるという状況で、さすがにそろそろ根をあげそうです。そんな切羽詰った生活を送っていたところ、なんと会社でネズミがでたんです。古い社屋だから仕方がないものの、私が買ってきた大好きな「玉ねぎさん太郎」を見事に食い散らかされました。こりゃいかん、ということでトリモチ式の罠をしかけたらあっさり捕まりましてね。これで大丈夫だろうと思っていたら、3日後くらいにまたもネズミが出たんです。しかもパイセンの食料を奪って、わざわざ私の机に持ってきて、資料と資料のスキマで食べ散らしてるんですよ。いったいなんの恨みがあるねんな!あー、もうね、ほんまいろいろとカンベンしてくれ。ここまでがんばってきた分、特別なことはいいから、せめてフツーに平穏な暮らしがしたい。神さま、せめて3時間でいいから、平日に飲みに行くという平凡な幸せの時間を与えてください。あと、できれば「玉ねぎさん太郎」も返してください。

姿 勢

気づいたらもう2月の終わりですか。後半は溺れるほどに仕事の山に埋もれてました。ちょっとねー、ほんま言いたいグチはたくさんあるんですが、とにもかくにも疲れました。で、今回の仕事のことで思ったんですけど、お互いにずっとイイ関係でいるために必要なことは「感謝」なんだ、と改めて思い知らされました。めっちゃくちゃ当たり前のことなんですけどね。なんとなく続いていて、たぶんこれからもこのまま続くんだろう、なんてことはないんです。もちろんわかっていたはずなんですが、それでも自分たちはどこかで相手への感謝の気持ちが薄れていて、怠慢で傲慢だったんだろうと思います。まじめにコツコツ仕事をしてきたつもりですが、なんとしてでも要望に応えたいという情熱とか、どんな難しいことでも最後まで諦めずに取り組む気持ちとか、必ずできるという自分自身に対する信頼とか、私に足りないことがたくさんあるんだなと気づかされました。ちょっと、自分の仕事に対する姿勢を変えなきゃいけないときだと感じた次第です。ほんまこんだけシンドイ思いをしたのに、自分が何も変わらなかったらアホですよね。「今起きていること」に対して「自分のこととして責任を持つ」というやつですね。なかなかできたものではないですが、そういうモンに少しでも近づけますように。

ロスト・テクノロジー

今年は年始から急性腸炎になったりしてイマイチな体調でしたが、2月に入って飲みすぎ遊びすぎがたたったのか半月ほど体調が絶不調でした。そして、ようやく元気に完全復活し、ここもちゃんと更新しなきゃと思った月曜日、とんでもないことが待ち受けてたんです。会社に行ったら、入社して以来経験したことないような大トラブルが発生!!詳しくは言えないけど、どえらいことになった…。とりあえずは新しいカタログを作らないといけないんですが、前回書いた『20年前の技術』を使わないと作れないんです。この技術、超複雑で使い手の私でもわからないことが多いんですが、設定さえすればボタンを押して20秒くらいでカタログが完成するくらいハイレベルな技術なんです。たとえると、木製のガンダムだけど、最新の超合金のロボットよりずっと強くて優秀、という感じです。その分、扱いが難しいんですが、来週水曜までに2種類のカタログを仕上げなければいけないんです。つまり「木製ガンダムを2体つくった上に、それを動かして戦え!」という命令がくだったワケです。使いこなせるかどうかもわからないのに、この20年前のロスト・テクノロジーを使って勝てと??という状況で1週間、プレッシャーで身も心もボロボロになって作り込んでいます。99.9%負け戦らしいですが、それでもなんとか誠意だけは伝えたい。起死回生の一発をねらって、最後まで全力でがんばります。現場の社員は何一つ手を抜いてないし、お客さんの要望がわかればなんとか応えたいと毎日一生懸命に仕事してるんやけどな。今じゃなくていいから、いつか自分たちのやっていることが報われますように。

インフル注意!

先週あたりからインフルエンザが大流行しているそうですが、私の前の席に座っている先輩のお子さんが2人ともインフルエンザになったそうです。ご本人は自分もなるんじゃないかとビクビクしていたみたいですが、その先輩とは別に営業課の若手くんがインフルエンザにかかってしまったんですよ。わが社にもとうとうインフルが上陸したワケですが、彼が担当する大きな仕事が入ってくる前にインフルにかかったので、まだ良かったのかもしれません。そう考えると2月から繁忙期を迎えるうちの課は、本当にインフルには気をつけなければいけないですね。しかも私に至っては、20年前に開発されて今はもう誰も扱えないような特殊なソフトを使って仕事をしているので、病気で倒れることは許されないんです。例えると『このガンダムを動かせるのはもうお前しかいない!お前が倒れたら誰が戦うんだ!』っていうような状況ですね。なので、もし私がインフルエンザになったら、先輩たちが私の家の玄関前に、原稿と会社のパソコン(ガンダム)を置いて退散することになっています(笑)ま、ネットでデータを送れる時代ですから仕事は自宅で何とでもなりそうですが、2月下旬までは楽しみにしている飲み会がいろいろとあるので、それまでは絶対にインフレない。鉄壁の防御でインフル菌から自分を守るか、もういっそのこと今なるかのどちらかです。うがい・手洗い・食事・睡眠、みなさまも十分にインフルエンザに備えてこの時期を乗り切りってくださいね。

伝統に従おう

正月休みが1ヵ月前くらいに思えるほど、正月明けからバタバタと忙しい日々を過ごしていますが、先週はいろいろとヒドい目にあいました。順に追っていきましょう。まず必勝祈願に行った夜に期限切れのカット野菜に当たって食中毒。1日寝込んだ上に血便が出たのでさすがにヤバイと病院に行ったんですが、検査中に大学時代の悪友から何度も電話が入っていて、留守電に「助けて!」と入ってたんですよ!タダゴトでないと病院を抜け出して電話をしたら「パワーポイントが動かない、助けて!」という人騒がせな内容でした。怒るで、ほんま(笑)腸の方は鮮血だったので大事にいたらなかったのですが、翌日からお粥とうどんのヘビーローテーションで過ごして弱っているところに、通勤途中でチャリが壊れたんです。ちょうど通勤路の半分くらいだったので、30分歩いて会社に行くハメに。もちろん遅刻なので、その分は給料から天引き。さらに痛めていた膝がそのロングウォーキングにより悪化。病院に行こうにも残業が続いて深夜0時コース。ようやく土曜日に行けたんですが、膝の水を抜いてめっちゃくそ痛かったです。新しいチャリも買うことになったし、内科と整形外科での治療費もかかったし、先週だけでエゲつない出費となりました。腸も膝もたいして良くなってないし、ほんまふんだりけったりの1週間ですね。元をたどれば、あの期限切れカット野菜から始まった不運だったかな…。正月すぎて1週間後だったので、ちゃんとトラディショナルに七草粥とか食べておけばよかったと後悔しています。みなさんも冬の食中毒には気をつけて!