大阪アッフェ情報

6月2日 うちのチームはしぶといなぁ@橘公園野球場

5月26日 スフィーダさんと合同練習@下福島運動場

5月19日 雨で凍える関西大会@堺市

オールOK

先日、洗濯機が壊れましてね。これはえらいこっちゃ!と思っていたら、今日なぜか直ってました。自然治癒ですかね。ストレスが原因?? そういえば私のカラダも仕事のストレスであちこち不調ですが、大自然で治癒されたいと思っていたら、ふと昨年、奈良のでっかいコスモス畑に行ったことを思い出しました。旅好きの友人に連れて行ってもらったんですけど、とんでもなく壮大でキレイで癒されました!昔は花や自然にあまり関心がなかったので、ああ、この人と知り合ってなかったら、きっと自分は一生見ることのなかった景色だったなと、じわりと思いました。
そもそも人の価値観は、その人が今まで触れてきた世界が基準で形成されるそうです。例えば私は子どものころ裕福でなかったので、「勉強でもスポーツでもいい成績を残して、いい大学を出て、一流の会社に入ること」が人生で最良の結果だと思ってました。これ以上の良い結果はあるはずがないと信じ込んでいたんです。それでがんばってみたんですけど、全然ダメで、今は人使いの荒い中小企業で働き倒す毎日です笑。でもね、目標とは程遠い結果になったのですが、けっこう幸せなんですよ。金は儲からないけど、自分のやりたいことに挑戦させてくれる情熱的な会社で、仕事は楽しくてやりがいもある。野球も一流にはなれなかったけど、毎週めちゃくちゃおもしろい仲間と楽しんでいます。「こうなることが幸せ!という特定の結果に固執すると、その人が想像もつかないまったく別のすばらしい結果がやってくることを制限してしまう」。最近そういう記事を読んで、まさに自分がそうだったなと思いました。
仕事でも学業でもスポーツでも、結婚でも子育てでも介護でも、いろんなライフイベントの中で、その一瞬一瞬を自分らしく誠実に生きて、その結果は「ゆだねてみる」。きっとこれはアリだと思うんです。人生オールOK状態でかまえていると、ひょっとしたらコスモス畑のように自分の知らない、思いもよらない「最高の景色」が待ってたりするものなのかもしれませんね。たぶん人生は、自分の思う「それ」だけが正解じゃないんだなぁ…。

5月12日 やっと人数揃ってきたかも練習@今津運動場

5月5日 GWあんますることなくて練習@下福島運動場

4月28日 この日もスーパー助っ人登場@旭運動場

4月14日 スーパー助っ人コーチのレッスン@中島第2野球場

4月7日 桜舞い散る中で@桜ノ宮野球場

俯瞰(ふかん)

あまりにも放置しすぎて気にはなっていましたが。なんせ3月までは繁忙期で会社に軟禁されてるもので、最小限のことしかしたくなくなる。いろいろおっくうになるって歳だよね。そして4月に入っても忙しさが変わらず、しかも来月からは我が社で最も頼りになる部長が2ヶ月ほど入院することになりました。命に関わる話とかではなく、膝をサイボーグ化するだけなのでそこは安心ですが、リハビリもあるので復帰に時間がかかるそうです。来月から不安で仕方ないですが、そんな折に社長が朝礼で「自分を俯瞰してみることが大切」という話をしてました。まあ、客観的に見る、ということですが、「いい大人になっても自分を俯瞰してみることは難しい」と言っていました。なるほど。たとえば俯瞰(上から見る)なので、イメージとして自分から幽体離脱してみて、上から自分のことを見てみるとしましょう。そしたら自分の言動がとてもカッコ悪いように思えるし、嫌なところばかり見えるような気がして、なんだか怖いんですよね。だから自分を客観的に見るということはそれくらい勇気がいることだし、冷静になって見るのは難しいのかもしれない。でもそもそも自分の良いところもあるはずなのに、私が最初から自分のダメなところしか見てないんだなということにも気づいて、それはそれで発見でした。ま、こういうところを乗り越えて、自分の良いところも悪いところも、きちんと俯瞰的に見られるようになれば、きっとアップデート(成長)できるんでしょうね。ただ、今はいくら俯瞰的に見ても部長のいない間の頼りない自分しか見えないので、不安しかない。逆に怖くなって毎日ガクブル震えています…笑