逸球入魂コラム

学んだこと

2023年もスタートして20日が過ぎましたが、ワタクシ新年早々に新型コロナに感染して長らく自宅療養で監禁されておりました。いやはや、噂には聞いていましたがこれはなかなか大変でした。ノドも鼻もとんでもないことになったので、そこそこツラかったです。療養期間中、外出できなかったんですが、その間に連絡くれたり、たくさんの食料を送ってくれたり、玄関前に置いてくれたみなさま、本当にありがとうございました。お気遣いあふれる優しい食べものばかりで、めちゃくちゃ助かりました!そういう人の優しさや温かさが嬉しくて嬉しくて、ココロに沁みた…。自分も誰かが困った時はすぐ動こうと決意!ほんまに感謝です。ところで、コロナのえげつない症状がおさまりかけた頃に「味覚障害」が出てきましてね。スープもコーヒーもアイスも、何を食べてもまったく味がしなくなりました。これが例の後遺症か!と思ったんですが、ふと「もらいもののレトルトの激辛カレーが残っていたな」と思い出したんです。ワタクシ、嫌いな食べ物がほとんどなくて、なんでも食べられるんですが「辛いもの」だけが苦手。なのでその激辛カレーだけがずっと残っていたんですが、いやコレは…食べるなら今じゃない?今こそじゃない?っちゅうことで、この味覚障害が出て味がわからん時にレッツ、イートすることに!!何も感じないから、液体と米のつぶつぶしかわからんだろう。っと、パクッと一口食べてどうなったかというと……ん?あれ?これは…ばっ、ばっ、ババ辛い!!辛い辛い!!辛いがなぁああああああーーー!!!いや、辛いというよりもう痛い!滝のように汗が噴き出し、コロナでやられまくったノドをこれでもかと刺激し、とんでもないことになりました。療養期間はおかゆとか雑炊とか優しいものを食べてたので胃腸もびっくりして、この後さらに大変なことに。コロナにかかっていろんな教訓を得ましたが、一番はこれだったな。「味覚障害でも、激辛、ダメ、絶対!!」

2023年プレイボール!

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞ大阪アッフェをよろしくお願いします。
さて、本年も変わらず人数不足からのガクブルスタートですが、ここ数年は毎年のようにこの問題に直面しているような気がします。でも最近思うに、そもそも「ド根性でがんばって続けなければならない」というのも、好きなものや大切なものをたくさん持てる今の時代にはあまりそぐわない気もします。自分とは異なるいろんな価値感を認め合って、みんなが続けやすい活動とはどんなものなのかを腰を据えて考える時代なのかもしれませんね。
何より一番大切なのは、ここが、同じものを好きになった人たちがどんな形でも長くつながっていける場所でありつづけることなんだと思います。この年末年始、新旧たくさんのメンバーと過ごして自分がやるべきことがわかった気がしました。本当に感謝です。

それでは2023年プレイボールです!ダイバーシティでサステナブルな活動をめざしますので、応援よろしくお願いします!新しい出会いと懐かしい再会に期待しながら、これからも長く長くつながっていきましょう!

やり残してこその人生

毎年恒例の今年の「ひとこと」を書く時期になりましたが、こんなときくらいしかちゃんと1年を振り返らないので、これも良い行事かと最近は思います。さてタイトル「やり残してこその人生」というのが、2022年で私が最も心に残った「ひとこと」です。「おい!ハンサム」というドラマで出てきたんですが、『冷蔵庫のネギをジャストに使い切ることは難しい。むしろ使い切ることに縛られて、大切なことを忘れてはいけない』という話です。そこから転じて、誰にとっても中途半端に終わって後悔が残ることがある。誰にとっても必ず途中で終わりがくる。だからこそ、やり残しを恐れずにきちんと悩んで苦しんで「今」を生きよう。そんな内容だったと思います。ドラマはコメディなのでそれほど重苦しくはないのですが、真理をついたなという感想ですね。野球選手で「区切り」といったら「引退」ということになると思うんですが、やりきったと思って終われることもあれば、思いもよらないことで不完全燃焼のまま終わることもあるでしょう。私の場合は、キレイに終わろうとか、かっこよく終わろうとか、そんなことをやろうとしてもたぶんできない気がします。ボロボロになって思うようにできなくなっても、きっと悩みながら、迷いながら続けていくんだろうなと思います。ネギを上手に使い切れないように、私も自分の人生にうまく区切りをつけて生きていけるタイプではないので、だからこそ「やり残してこその人生」が響くんですね。後悔することはたくさんあるけど、それでも一生懸命生きろ、ということなのでしょう。野球に限らずですが、モヤモヤを抱えながら今の自分とちゃんと向き合って、もがいていきたいと思います。自分に、もがいて苦しんで後悔できる機会が与えられるだけ、本当にありがたいことだ。
それではみなさま、2022年もたいへんお世話になりました。この年はアッフェも関西大会などで活躍でき、応援してくださったみなさまに心から感謝申し上げます。2023年がみなさまにとって心温まる1年になりますように。

節約

IMG_0091いつもまでもイオンへの不満を載せていても仕方ないので更新ですね。最近、健康診断の結果が出たんですが「デブ、そしてストレスだらけ」という診断結果でした。ちっ、どうしろと言うんだよ。今回は16時間ダイエットでそこそこ体重を落とせたんですけど、15年前の健康診断結果と比べてみたら、なんとほぼ変わらず生活習慣病予備軍のままでした。なんや、ダイエットだの食生活改善だの、いろいろがんばってもさほど結果が出ないなら好き放題やってやる!ということで好きなものを食べまくってますが、ここ半年ほどでものすごい物価が上がりましたね。光熱費も上がってるし、マンションの修繕費も上がるし、値上げばっかりで中小企業の薄給ではキュウキュウと生活が苦しくなってきました…。どうするか、こんな貧乏人が削れる部分といえば食費、そして光熱費のみ。ということで、まずは電気代を節約するためコレ(写真)を買いました。全身毛布。この冬は、暖房をつけずに行けるところまで行く!という固い決意で買いましたが、この「全身着る毛布」もそこそこの値段がしたので、そもそも節約になっていないかもしれん。そんな疑問を持ちつつ、ここ数日、使い込んでますがすっごい暖かい!これは確かに暖房いらず。久々に実用的でいいもの買いました。ただ、トイレ時の脱着がめんどくさいです。一応おしりのところにチャックが付いていて、トイレ用にオープンできるんですが、やはり着たままのアウトプットは若干リスキーなのでいちいち脱いでいます。とはいえ、今までいろいろ買った物の中でもっとも暖かく便利なアイテム!!もしこの冬節電を考えている方はご検討くださいませ(そこそこ高いですよ)。

誰のポット?

またも久々の更新となりますが、7月〜10月までとんでもなく忙しくて、今日健康診断に行ったら「脈に異常がっ!」って言われたよ。そら、あんだけ働いて野球もしてたら脈も狂うわ。来年から、野球も仕事もちょっとずついろいろ控えていこうと決意しましたよ。そしてちょっと余裕ができたら書いてやろうと思っていた案件があるんです。それは夏前に、いきなり身に覚えのないポットが送られてきた事件。送り主も届け先もワタクシ、でも電場番号は別の人のもの、着払いでもありません。注文した覚えもないし、「???」と思って、購入先のイオンオンラインスタイルとかいうネットショップに連絡したら「着払いで送り返せ」とのこと。このコロナ禍で「送りつけ商法」とやらが流行ってますが、それでしょうか。この場合、身に覚えのない商品はソッコー捨てていいらしいのですが、誤配かもしれないので送り返すことにしました。で、このときイラッとしたのがイオンの対応。誤配なのか、送りつけ商法なのか、一体どうなってるのか聞いても答えられないの一点張りで、「おめーのクレカが不正使用されてんじゃないの」的な定型文だけ送ってくるという対処。でもカード関係を全部調べても不正利用の痕跡はゼロだったので、こちらではなくそちらの問題でしょ。ポット買って金払った奴を調べたらいいだけだと思うんですけど、ま、個人情報がうるさいご時世なので言えないことはあるんでしょうね。でも、誤配かどうかだけでも教えろよ。ともかく、どうみてものマニュアル通りのテンプレ文の連発や、早く終わらせたい感がにじむ対応に、大手イオン様の不誠実さを感じた一件です。業務スーパーで不良品でトラブったときなんか、ものすごいスピードで電話かかってきて誠実に対応してくれたけどね。これからも業スー愛を貫こう。

赤信号

またも2ヶ月放置した。とは言え、ちょうどここに書き込んだ2ヶ月前に大事件が起きて、ようやく今週解決に至った次第でして。もう野球どころじゃないっていう2ヶ月でした。疲れた。とりあえずコトなきを得てめっちゃホッとしていますが、しかしまあ波状攻撃のように絶え間なく押し寄せる仕事、家に帰ればアレコレ押し寄せる野球の仕事、その他もろもろの問題。ナニコレ。もう萎えた。そして正直、もう飽きた。どうして自分にばっかりこんなメンドイことが起こるんだろうと思うけど、でも正味の話、それって世界中のほぼ全員が100%感じてることですね笑。大なり小なり、多かれ少なかれ、誰もが人生は思うようにはいかず、いろんな課題に直面してはその度に乗り越えて、たくさんの解決の手段を身につけ、人として成長していくもの。そんなことはクソほどわかっていますが、最近なんかちょっとやや多め。例えるなら、帰り道に全部「赤信号」で引っかかってる感じの今日この頃、ひとつひとつの赤信号にまともに向き合って解決していく根気が無くなりました。加齢とともに、いろいろめんどくさくなるもんですか。ただ今が赤信号続きならば、解決策はリズムを変えること。もうすぐ誕生日だしな! 「人生を変えるのは『勇気』だけ」という格言を胸に、次の1年は新しい1年にしたいと思います!

16時間

すっかり忘れていたわけではなく、いつもの繁忙期が延長され続けて今日に至りました。忙しくなると、すべてのヤル気を失いますね。食器洗いですら、めんどくさくてたまらない。そんなことでココを放置し続けた6〜7月、2コ上の先輩と「老後に稼げるような趣味を見つけたいよね」という話題で盛り上がりました。確かに。何か新しいことを身につけるには、いいタイミングかもしれない。しかもその技術を使って、稼げるようなモノがいい。陶芸家とか。よし、あと3年のうちに新しい趣味を見つけて楽しもうと思います。ちなみに野球はすでにもう趣味ではありません笑。報酬の出ない仕事だと思ってやってます。仕事脳でやらないと、コレな、ちょっと正直やってられん業務量よね。さて、タイトル16時間ですが。先日テレビで16時間プチ断食ダイエットというのをやってまして、試すことにしたんです。過去あれこれ試したものの、さっぱり痩せなかったので、今回もイマイチかなと期待せずにやってみたら。バッチリ痩せまして。1日のうち16時間メシ食わない、っちゅうだけのものなんですが私には効果テキメンでした。もちろん毎日やるわけではないんですが、今までやった中で一番相性のいいダイエットかも。帰宅が遅いのでそもそも晩ご飯があまりいらないため取っつきやすかったのと、あとは毎日片道40分のチャリンコ通勤も功を奏していると思います。仕事が落ち着いたら筋トレも再開して、近いうちシュッとしたボディをゲットしたい。とりあえずは、めざせトータル5キロ減!!です!

仮想空間

最近、「メタバース」という言葉を聞くことがあると思います。簡単に言うとインターネット上の仮想空間で、そこでゲームや会議はもちろん、ショッピングができたり、音楽フェスに参加できたりするんです。利用者はその空間に「アバター」と呼ばれる自分の分身を作って、他の利用者と交流したり、買い物をしたり、ライブに参加したりするわけです。わかりやすいところで言うと「あつまれ どうぶつの森」みたいなもんですね。で、なんでこの話なのかというと、うちの会社でこういう最新のサービスを利用して「時代に乗り遅れないようにしよう運動」が起きてるんです笑。いま主流のツイッターやインスタ、Facebook、YouTube、TikTokなどのSNSのサービスも、いつかはこの仮想空間サービスに取って代わられてしまう時代がくるかもしれません。思い返せばガラケー使ってた頃は、スマホがこんなにも早く「当たり前のツール」になるとは思いもしなかったですもんね。
おそらくこの先、歳をとって外出が減った高齢者の方々や、事故や病気で体が動かせなくなった人たちが、メタバース空間で旅行に行ったり、テニスや野球をしたり、友だちとライブに行ったり、そんなことがもう「当たり前にできる世界」がすぐそこに待っているんだと思うんですよ。今はきっと、人生を楽しむための希望も可能性も捨てなくていい時代なんですね。とりあえずメタクエストみたいなごっついゴーグル着けなくても、スマホやタブレットでメタバースの世界に入れるそうなので、私のような初心者は「ハトバース」あたりから始めてみたいと思います。とにかく新しいモノに手を出しまくってアップデートしていきたいですね。うまくできたらみんなに教えてあげるね♡ 今年中にはNFT付きの作品を買うところまでチャレンジしたいなぁ。

ミラクル・クエスチョン

「もし、奇跡が起こってあなたの願いがすべてかなったら、それはどんな世界?」めちゃくちゃ簡単いうと、それが「ミラクル・クエスチョン」です。なんの妄想?と思うかもしれませんが、ちゃんとした心理学的な問題解決のための手法なんだそうですよ。物事が上手くいってない時は、最初に「こうなりたい」「こうだったら最高だな」を想像して、そこから始めよう!みたいなことですね、きっと。しらんけど(笑)。詳しくは、解決志向アプローチとかブリーフセラピーとかで検索すれば出てくるんで興味があれば調べてみてくださいね。で、今年の初めにこの「ミラクル・クエスチョン」という言葉に出会って、「願いがすべてかなうなら!」というフレーズにめちゃくちゃ惹かれましてね。たとえ妄想だとしても、ものすごく楽しくないですか?「ええ?いいのかな?願いがすべてかなうなんて。あんなことも?こんなことも?うひょー!たのしー!」と、考えるだけでもワクワクする。おそらく本来の使い方とは違いますが、繁忙期でボロボロの時期に、コレやってるだけでも楽しかったので非常に心の健康が保たれました。ありがとう、ミラクル・クエスチョン(笑)なんにしろ問題の渦中にいるときは、しんどいことに目が向きがちですが、そこはあえて全部すっ飛ばして「願いがかなった世界」にどっぷり浸るのもいいもんです。もちろん現実世界では変えられないこともたくさんあるけど、「起こってほしい出来事」にずっと心を向けていける生き方がしたいなぁ。
みなさんのミラクルクエスチョンの答えはどんなものですか?もしよければ、試してみてくださいね。

急がば回れ

先月、会社帰りに寄るところがありまして、その時にとても珍しい経験をいたしました。駅に行くとちょうど電車が来ていたので、走って乗り込もうとしたんですが、なんと右足が電車とホームの間にスポッとハマりましてね。一瞬、視界が1メートルくらいガクッと下がって、アレ?って思ったら、そのままコケて電車内にヘッドスライディングする形で乗車。足が挟まったままコケたので、スネが反対側に折れるかと思いましたよ、マジあぶねー!!!ところが電車内では、一瞬シーンとした後、そこかしこで笑いをこらえる声が聞こえてきてね。まあ、そらそうやわな。想像してみて下さいよ。扉が閉まる瞬間に誰かがヘッスラで乗ってきたら、そらめちゃくちゃおもろいで。自分やったらすぐツイートする。「今、電車で客がヘッドスライディング乗車してきてんけど!」って世の中に発信する笑。で、スネを打ちつけてそこそこ痛かったので裾を上げて見てみたら、ちょっと皮がめくれただけでした。なのでコレなら大丈夫だろうと、そのまま移動して用事を済ませたんです。ところが帰り道、なんか足が濡れてる気がするなーと思って再びスネを再確認すると靴下を染めるほど血が出てまして!こわっ!スプラッタやん!だから電車で前の席に座ってる人が、私の足首をジロジロ見てきたのか!さらに家に帰ると強打したスネが拳くらいの大きさでボコッと腫れてまして!もう、なかなかの大惨事。そのあともパンパンに腫れるし、なかなか血も止まらないし、夜も痛くて眠れないし、約1ヵ月ほど苦しみました。こんなことなら、あんなに慌てて電車に乗らなければよかったとめちゃくちゃ反省。「急がば回れ」まさにその典型例ですな。みなさまも、急ぎでいるときほど、ゆっくり落ち着いて行動してください。